スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネッシーの謎

世界中に隠れ潜む未確認動物UMA、中でもとりわけ有名なのはネス湖のネッシーだろう。何百年も前から頻繁に目撃され、幾度となく大々的な科学調査が繰り返され、半ば決定的ともいえる証拠を手にしながら、未だ正体の明かされる事のない湖の怪物である。



その原因は、最も有名な歯科医の写真が近年、トリックと公表されたことなど、真偽入り混じる証拠の胡乱さ等様々。現にイギリス国民の多くはネッシーの実在に概ね否定的であるという。それにしても不可解なのは、科学者や専門家達の真相解明への消極姿勢だ。
70年代に行われた調査では、湖中を移動する生物と思しき巨大物体の鮮明な写真数種の撮影に成功、首長竜にも似たその怪物は学名まで与えられ、公式に認定されかかったのに、急に態度を変えた専門家ら数名の圧力により、再び白紙に戻された。シーラカンスの発見宜しく、大発見を成し遂げながら、目の色変えて発表しようとしなかったのは何故か?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネッシー

ネッシーネッシー(Nessie)は、イギリスのスコットランドのネス湖で目撃例があることから「ネス湖の怪獣 (Loch Ness Monster) 」と呼ばれる未確認生物(いわゆるUMA)の愛称。ネス湖に住むとされ、恐竜に似た巨大生物ではないか、とする説などが有名。ま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。